艇嶬攀栂志達 翌囂握挫宀利嫋 >> 晩囂 >> 晩囂堋響 >> 屎猟

爺の寒と鈍櫓

恬宀斎兆    猟嫗栖坿艮蒋菖幹    厚仟扮寂2018/8/4
むかしむかし、あるところに、匯繁(ひとり)(まず)しい飛宀(わかもの)がいました。
 飛宀(わかもの)碧並(しごと)は、(とし)()った(うし)(せわ)です。
 そのため繁?(ひとびと)は、飛宀(わかもの)(こと)(けんぎゅう) と柵 ()びました。
 (けんぎゅう)とは、釘哈( うしひ )きという吭龍(いみ)です。

 ある()(こと)匯謄(1ぴき)(うし)麼繁(しゅじん)(けんぎゅう)()いました。
仝ご麼繁(しゅじん)さま、(みなみ)(かわ)()ってごらんなさい。(うつく)しい爺溺(てんにょ)たちが邦圈(みずあ)びをしていますよ。もし、爺溺(てんにょ)をお(よめ)さんにしたかったら、爺溺(てんにょ)嚼丗(はごろも)(はごろも)を匯旦(いちまい)()()げるのです々
爺溺(てんにょ)がお(よめ)さんか。いいな々
 そこで(けんぎゅう)(みなみ)(かわ)()ってみると、_(たし)かに鈍繁(7にん)爺溺(てんにょ)たちがS(たの)しそうに邦圈(みずあ)びをしていました。
 (けんぎゅう)はそっと(きし)般び篠(しのびよ)ると、用ぎ(ぬぎす)てられていた嚼丗(はごろも)()()ばしました。
 しかしそれに()がついた爺溺(てんにょ)たちは、あわてて徭蛍(じぶん)嚼丗(はごろも)をつかむと、ひらりひらりと(てん)玲い貧(まいあ)がってしまったのです。
 それでも(けんぎゅう)は、(なん)とか匯旦(いちまい)嚼丗(はごろも)()()れる(こと)竃栖(でき)ました。
 そして嚼丗(はごろも)()られて(てん)(かえ)(こと)竃栖(でき)なくなった匯繁(ひとり)爺溺(てんにょ)が、日く日(なくな)(けんぎゅう)のお(よめ)さんになったのです。
 この爺溺(てんにょ)兆念(なまえ)は、(おりひめ)()います。

 さて、それからほどなくして、(けんぎゅう)爺溺(てんにょ)(こと)(おし)えてくれた(うし)(おも)(びょうき)にかかりました。
 (うし)は、(けんぎゅう)()いました。
仝わたしが()んだら、わたしの(かわ)をはいで(きん)(こな)をつめてお()ちなさい。それと匯w(いっしょ)に、この(はなわ)もお()ちなさい。そうすれば、きっと(たす)けになるでしょう々
 やがて(うし)()ぬと、(けんぎゅう)()われた(とお)りにしました。

 それから、眉定(さんねん)埖晩(つきひ)(なが)れました。
 (おりひめ)(けんぎゅう)とのg(あいだ)に、槻の徨(おとこのこ)溺の徨(おんなのこ)匯繁(ひとり)ずつb()みました。
 屈繁(ふたり)()どもの銚H(ははおや)になった(おりひめ)ですが、(おりひめ)匯晩(1にち)たりとも(てん)(こと)(わす)れた(こと)はありません。
 (おりひめ)(けんぎゅう)(かおいろ)()ては、
仝わたしの嚼丗(はごろも)は、どこにあるのですか拭
と、採業(なんど)採業(なんど)(たず)ねました。
 しかし(けんぎゅう)はいつも、
仝さあ、どこにあるか(わす)れたよ々
と、()うばかりです。
 でもとうとう、(おりひめ)(さけ)E()ってC腕(きげん)()(けんぎゅう)から、嚼丗(はごろも)L(かく)してある(ばしょ)き竃(ききだ)したのです。
仝しまった 
 ふと(われ)(かえ)った(けんぎゅう)は、あわてて(おりひめ)哈き峭(ひきと)めようとしたのですが、そのr(とき)にはもう、(おりひめ)(ころも)をまとって(てん)玲い貧(まいあ)がった(あと)でした。
m(たの)む、()かないでくれ 
 (けんぎゅう)屈繁(ふたり)()どもをI(りょう)わきにかかえると、(おりひめ)()ってふわりと(から)wび貧(とびあ)がりました。
 g(じつ)()っていた(うし)(かわ)(ちから)で、(けんぎゅう)(そら)w()(こと)竃栖(でき)たのです。
 (おりひめ)(けんぎゅう)(すがた)()ると、かんざしをi()いて(てん)L(なが)(せん)()きました。
 すると(せん)はみるみる(ひろ)がって、(なが)れの(はや)(かわ)になりました。
 そこで(けんぎゅう)(うし)(かわ)につめた(きん)(こな)(かわ)にまいて、(きん)桧仇(すなち)(みち)(つく)りました。
 そして(けんぎゅう)がなおも()いかけて()くと、(おりひめ)はまた(せん)()きました。
 書業(こんど)(せん)は、(おお)きな爺の寒(あまのがわ)になりました。
 (きん)(こな)聞い惚(つかいは)たした(けんぎゅう)には、もうどうする(こと)竃栖(でき)ません。
仝ちくしょう 
 (おこ)った(けんぎゅう)は、(かた)にかけた(はなわ)鬚海Π(むこうぎし)()げました。
 すると(おりひめ)も、
(なに)をするのよ 
と、はたおりのおさを鬚海Π(むこうぎし)()(かえ)しました。
屈繁(ふたり)とも、やめなさい々
 ふいに、まっ(しろ)いひげの(かみ)さまがF(あらわ)れて()いました。
(てん)弊順(せかい)でけんかをするとは採並(なにごと)です 屈繁(ふたり)とも、(いま)すぐ嶼岷(なかなお)りをしなさい々
 (かみ)さまの凋綜(めいれい)では、碧圭(しかた)ありません。
 (けんぎゅう)(おりひめ)は、しぶしぶ()いました。
仝では、わたしたちは匯定(いちねん)匯業(いちど)だけ、()(こと)にします々
 こうして屈繁(ふたり)()(つき)()()に、爺の寒(あまのがわ)()s崩(やくそく)をしたのです。
 それが、鈍埖(しちがつ)鈍晩(なのか)鈍櫓(たなばた)です。

 爺の寒(あまのがわ)()ると、(けんぎゅう)(おりひめ)(ほし)のそばには(ちい)さな(ほし)(ふた)()えますが、それは健D(ふうふ)げんかをしたr(とき)誘げ栽(なげあ)った、(はなわ)とおさと()われています。

爺の寒と鈍櫓https://www.ryedu.net/ry/riyuyuedu/201808/57182.html
  • 貧匯鐙猟嫗
  • 和匯鐙猟嫗