您现在的位置: 外语爱好者网站 >> 日语 >> 日语阅读 >> 正文

日语阅读:中日友好

作者:佚名    文章来源:本站原创    更新时间:2015/5/30

中国と日本の人々の「主旋律」は平和と友好
平和と友好は中日両国の人々が共有する信念であり、いかなる人も人々のこの願いを裏切ることはできない。

 「中国と日本は『一衣帯水』であり、両国の人々にとっての主旋律は2000年余りにわたって平和と友好であり続けた。両国の人々は互いに学び合い、それぞれの発展を促し、人類の文明の進歩に大きく貢献してきた」。習近平主席が23日に中日友好交流大会で行った講話は、中日両国の人々の共鳴を呼んだ。日本からは今回、政治・経済・観光・文芸など各界から総勢3000人余りの友好的人々が中国を訪れた。中日各界の人々は、民間の交流・協力を強化し、中国と日本の長年にわたる友好のために手を携えて努力することを両国に呼びかける「中日友好交流大会提案書」を共同発表した。

 これは中日民間交流史上の一大イベントであり、「中日関係の前途は両国民が握っている。両国関係の発展がうまくいかない時ほど、両国の各界の人々が積極的に行動し、双方の民間交流を強化し、両国関係の改善と発展に条件と環境とを作り出す必要がある」(習主席)ことを人々に固く信じさせる機会ともなった。

 世界の歴史を作り出してきたのは人民の力である。中日両国の民間の友好交流の歴史は長く、文字で記載されているだけで2000年に達する。中華人民共和国の建国以来の中日関係を振り返っても、民間交流が常に重要な位置を占めてきたことがわかる。1954年にはすでに中国赤十字会の代表団が最初の民間使節として日本を訪れている。日本からも同年、議員団が訪中し、建国記念式典に参加している。その後、在中日本人の帰国支援から貿易覚書の締結、青年友好交流会の開催、震災後の相互支援まで、両国の民間友好交流の歴史は着実に積み重ねられてきた。とりわけ銘記すべきなのは、中日国交正常化が「民間によって政府を促す」ことによって実現されたことである。

民間友好交流

 

平和と友好の成果は容易に手に入れられたものではなく、大切に守らなければならない。だが日本の右翼勢力は近年、事あるごとにトラブルを起こし、歴史の事実を否定し、侵略犯罪を美化し、日本とアジアの隣国との関係を大きく破壊してきた。第二次大戦中に日本の戦争捕虜となったが生き残った94歳の米国人元兵士レスター・テニー氏は、「自らの歴史に向き合うことのできない国はハイレベルな国とは言えないのではないか」と語っている。ドイツのメルケル首相も東京で、「歴史の正視はドイツが国際社会に復帰する前提となった。第二次大戦終結70周年はドイツと日本にとって大きな意義を持つ。戦後の和解を実現する前提は歴史に向き合うことだ」と語った。米紙ニューヨーク・タイムズも、「日本の指導者は日本の第二次大戦の歴史問題を正視し、アジア地域の安定を促進すべきだ」としている。

 日本の軍国主義の侵略の歴史を歪曲・美化する言動を中国とアジアの被害国の人々が受け入れることは決してなく、正義と良識とを持つ日本の人々もこれを受け入れることはないだろう。日本右翼の様々な行動に対して、日本の多くの民間友好団体は歴史の証言者としての役割を担い、展覧会や講座の開催などによってより多くの日本の人々に中国侵略戦争の真相を知らせようと努力してきた。こうした人々は中日関係の友好の使者となり、両国関係に大きく貢献してきた。

 平和と友好は中日両国の人々が共有する信念であり、いかなる人も人々のこの願いを裏切ることはできない。今年は、中国人民抗日戦争と世界反ファシズム戦争の勝利70周年の年である。中日双方が「歴史を鑑(かがみ)として未来に向かう」という精神に基づき、平和発展をともに促し、代々の友好をともにはかり、両国の発展の明るい未来をともに作り出し、アジアと世界の平和に貢献すべきであることを、今一度強調する必要がある。


日语阅读:中日友好:https://www.ryedu.net/ry/riyuyuedu/201505/44102.html