您现在的位置: 外语爱好者网站 >> 日语 >> 日语阅读 >> 正文

日语新闻:中日无人机

作者:佚名    文章来源:本站原创    更新时间:2013/1/11

日语新闻】中日無人機競争が熾烈化 上空で衝突の恐れも

英ガーディアン(電子版)は8日、島嶼問題を巡る緊張激化にともない、中日の無人機競争が熾烈化していると伝えた。

中国と日本が東中国海の島嶼に対する各自の統治権を主張する中、無人機が熾烈化する軍備競争においてすでに中心的位置を占めている。

中国が経験の浅い無人機計画を急ピッチで拡張する一方、日本は米国からの先進機種購入の準備を進めている。いずれも無人機を海上監視に使うとしているが、今後、同海域上空で小規模な衝突が発生する可能性が非常に高いと専門家は警告する。

先月の衆院選で圧勝後、安倍晋三首相の新保守政府は中国の釣魚島に対するいわゆる脅威に対抗することを優先課題としている。首相就任後すぐ安倍氏は中期防衛計画を見直した。それが1~3機の米無人機購入を早急に進めるためであるのは明らかだ。

中国は12月末、人民解放軍が国産無人機の試験飛行の準備を進めていると発表。同無人機は米空母艦載無人機「X47-B」のコピーの可能性が高いとアナリストは分析する。

カナダの軍事専門誌「漢和 ディフェンス・レビュー」のピンコフ編集長は、「中国は現在、最長グアムで偵察任務を行える無人機を開発しているかもしれない。アジア支点戦略の一環として米国がグアムに軍事拠点を設けるからだ」と指摘。

中国は昨年11月の珠海航空ショーで新型無人機を8機種公開、それらの写真は国有メディアで大きく取り上げられた。ただ、ピンコフ編集長は「これらの写真はおそらく中国の能力ではなく、野心を示すのがメインだろう」との見方を示す。

米国が昨年発表した報告で長年伝えられてきたうわさが実証された。中国は次世代ステルス無人機を開発中で、この「暗剣」という名のステルス無人機の性能は米国の同機種の無人機を上回る―ー。

中国の国有メディアは昨年10月、2015年までに沿岸に11の無人機基地を建設すると報道。中国国際放送局は、「釣魚島など争議ある島嶼の区域において、われわれの巡視船の数や巡視回数は劣勢ではない。問題はわれわれの航空監視能力だ」と杜文竜大佐の言葉を伝えた。


日语新闻:中日无人机:https://www.ryedu.net/ry/riyuyuedu/201301/29569.html