您现在的位置: 外语爱好者网站 >> 日语 >> 日语语法 >> 正文

日语「…とか」的新用法

作者:佚名    文章来源:本站原创    更新时间:2016-11-10

日语:「…とか」的新用法
このごろは当たり前のように使われるようになった「とか」。

  关于最近自然而然使用起来的「とか」一词。

  例文:

  明日は、渋谷とかに行ってカラオケするの。

  明天我估计去涉谷那唱卡拉OK。

  (面談のアポイントを取る際の電話などで)来週の水曜とかはいかがですか。

  (打电话预约面谈时间时)您看下周四如何?

  など、つい口をついて出てしまいます。

  以上等等,一不小心就脱口而出了。

  この「とか」は、どういう意味を持っていたのでしょうか。

  这个「とか」到底包含了哪些意思呢?

  大野晋著『日本語相談』によると、「とか」は、「と」に「か」を加えた合成語で、「と」は列挙・例示を表わし、「か」は疑問を表わす助詞と解説しています。

  大野晋所著的《日本语相谈》中解说道,「とか」是将「か」加于「と」后形成的合成语,「と」表示列举、示例,而「か」则为疑问助词。

  つまりは、例を挙げながらも、疑問形を付加することで「確実性」を曖昧にする表現とするものです。

  也就是说,这个词在举例时加上疑问形式的表达,于是削弱了内容的“准确性”。

  しかも、この「とか」という表現は、日本人にとってすごく使いやすい表現だったらしく、『源氏物語』にも使用例が見られます。

  而像这样使用「とか」的情况,对于日本人来说是一种常见的表达方式,在《源氏物语》中也有出现:

  「今は、をさをさを伝ふる人なしとか」(今やまったく伝承している人はいないとか)

  “听说现在几乎没有继承传统的人了”

  「いたちとかいふなるもの」(イタチとか聞く動物)

  “听说像是黄鼠狼之类的动物”

  この時代では、伝聞の内容を引用して、それが不確実で曖昧だという意味で使われていました。

  在源氏物语的时代,「とか」用来表达引用传闻的不确定和不明确之意。

  現代でも、「とか」の用法としては①不確実な伝聞、②不確定な列挙あるいは例示を表現する意図で使われています。


  到了现代,「とか」也用于表达①不可靠的传闻、②不明确的列举或举例。

  それが、最近になって、「とか」が「~とかは」|~とかを」「~とかの」「~とかに」など、もう一つ助詞を加えて表現されることが多くなり、耳障りな言葉として感じるようになってきたようです。

  然而最近被广泛使用起来的「~とかは」、「~とかを」、「~とかの」和「~とかに」等,像这样在「とか」后添上另一个助词的表达变多了,逐渐变成了一个让人不快的词。

  もう一つは、これまでは別の言葉を使っていたものを「とか」で言い表すようになりました。


  另一方面,至今为止使用其他表达方式的词都开始用「とか」来代替了。

  最初の例文でも、以前なら:

  比如刚开始的例句,换成以前会说成:

  明日は、渋谷へ行ってカラオケするの。

  明天我去涉谷那唱卡拉OK。

  来週の水曜日などはいかがですか。

  您看下周四如何?

  などと言っていました。

  等表达方式。

  いずれにしても、同じ言葉を繰り返し使うと、その言葉が耳に残り、煩わしく感じることもありますので、使うにしても「・・・とか」を多用しないよう気をつけたいものです。

  总的来说,反复使用同一个词汇会让人产生厌烦。因此就算使用「・・・とか」时也要注意避免它的频繁出现。

没有相关文章

日语「…とか」的新用法