您现在的位置: www.justoa68.com外语爱好者网站 >> 日语 >> 日语阅读 >> 正文

天の川と七夕

作者:佚名    文章来源:本站原创    更新时间:2018/8/4 收藏本文到: 分享到QQ空间 
むかしむかし、あるところに、一人(ひとり)(まず)しい若者(わかもの)がいました。
 若者(わかもの)仕事(しごと)は、(とし)()った(うし)世話(せわ)です。
 そのため人々(ひとびと)は、若者(わかもの)(こと)牽牛(けんぎゅう) と呼 ()びました。
 牽牛(けんぎゅう)とは、牛引( うしひ )きという意味(いみ)です。

 ある()(こと)一匹(1ぴき)(うし)主人(しゅじん)牽牛(けんぎゅう)()いました。
「ご主人(しゅじん)さま、(みなみ)(かわ)()ってごらんなさい。(うつく)しい天女(てんにょ)たちが水浴(みずあ)びをしていますよ。もし、天女(てんにょ)をお(よめ)さんにしたかったら、天女(てんにょ)羽衣(はごろも)(はごろも)を一枚(いちまい)()()げるのです」
天女(てんにょ)がお(よめ)さんか。いいな」
 そこで牽牛(けんぎゅう)(みなみ)(かわ)()ってみると、(たし)かに七人(7にん)天女(てんにょ)たちが(たの)しそうに水浴(みずあ)びをしていました。
 牽牛(けんぎゅう)はそっと(きし)忍び寄(しのびよ)ると、脱ぎ捨(ぬぎす)てられていた羽衣(はごろも)()()ばしました。
 しかしそれに()がついた天女(てんにょ)たちは、あわてて自分(じぶん)羽衣(はごろも)をつかむと、ひらりひらりと(てん)舞い上(まいあ)がってしまったのです。
 それでも牽牛(けんぎゅう)は、(なん)とか一枚(いちまい)羽衣(はごろも)()()れる(こと)出来(でき)ました。
 そして羽衣(はごろも)()られて(てん)(かえ)(こと)出来(でき)なくなった一人(ひとり)天女(てんにょ)が、泣く泣(なくな)牽牛(けんぎゅう)のお(よめ)さんになったのです。
 この天女(てんにょ)名前(なまえ)は、織姫(おりひめ)()います。

 さて、それからほどなくして、牽牛(けんぎゅう)天女(てんにょ)(こと)(おし)えてくれた(うし)(おも)病気(びょうき)にかかりました。
 (うし)は、牽牛(けんぎゅう)()いました。
「わたしが()んだら、わたしの(かわ)をはいで(きん)(こな)をつめてお()ちなさい。それと一緒(いっしょ)に、この鼻輪(はなわ)もお()ちなさい。そうすれば、きっと(たす)けになるでしょう」
 やがて(うし)()ぬと、牽牛(けんぎゅう)()われた(とお)りにしました。

 それから、三年(さんねん)月日(つきひ)(なが)れました。
 織姫(おりひめ)牽牛(けんぎゅう)との(あいだ)に、男の子(おとこのこ)女の子(おんなのこ)一人(ひとり)ずつ()みました。
 二人(ふたり)()どもの母親(ははおや)になった織姫(おりひめ)ですが、織姫(おりひめ)一日(1にち)たりとも(てん)(こと)(わす)れた(こと)はありません。
 織姫(おりひめ)牽牛(けんぎゅう)顔色(かおいろ)()ては、
「わたしの羽衣(はごろも)は、どこにあるのですか?」
と、何度(なんど)何度(なんど)(たず)ねました。
 しかし牽牛(けんぎゅう)はいつも、
「さあ、どこにあるか(わす)れたよ」
と、()うばかりです。
 でもとうとう、織姫(おりひめ)(さけ)()って機嫌(きげん)()牽牛(けんぎゅう)から、羽衣(はごろも)(かく)してある場所(ばしょ)聞き出(ききだ)したのです。
「しまった!」
 ふと(われ)(かえ)った牽牛(けんぎゅう)は、あわてて織姫(おりひめ)引き止(ひきと)めようとしたのですが、その(とき)にはもう、織姫(おりひめ)(ころも)をまとって(てん)舞い上(まいあ)がった(あと)でした。
(たの)む、()かないでくれ!」
 牽牛(けんぎゅう)二人(ふたり)()どもを(りょう)わきにかかえると、織姫(おりひめ)()ってふわりと(から)飛び上(とびあ)がりました。
 (じつ)()っていた(うし)(かわ)(ちから)で、牽牛(けんぎゅう)(そら)()(こと)出来(でき)たのです。
 織姫(おりひめ)牽牛(けんぎゅう)姿(すがた)()ると、かんざしを()いて(てん)(なが)(せん)()きました。
 すると(せん)はみるみる(ひろ)がって、(なが)れの(はや)(かわ)になりました。
 そこで牽牛(けんぎゅう)(うし)(かわ)につめた(きん)(こな)(かわ)にまいて、(きん)砂地(すなち)(みち)(つく)りました。
 そして牽牛(けんぎゅう)がなおも()いかけて()くと、織姫(おりひめ)はまた(せん)()きました。
 今度(こんど)(せん)は、(おお)きな天の川(あまのがわ)になりました。
 (きん)(こな)使い果(つかいは)たした牽牛(けんぎゅう)には、もうどうする(こと)出来(でき)ません。
「ちくしょう!」
 (おこ)った牽牛(けんぎゅう)は、(かた)にかけた鼻輪(はなわ)向こう岸(むこうぎし)()げました。
 すると織姫(おりひめ)も、
(なに)をするのよ!」
と、はたおりのおさを向こう岸(むこうぎし)()(かえ)しました。
二人(ふたり)とも、やめなさい」
 ふいに、まっ(しろ)いひげの(かみ)さまが(あらわ)れて()いました。
(てん)世界(せかい)でけんかをするとは何事(なにごと)です! 二人(ふたり)とも、(いま)すぐ仲直(なかなお)りをしなさい」
 (かみ)さまの命令(めいれい)では、仕方(しかた)ありません。
 牽牛(けんぎゅう)織姫(おりひめ)は、しぶしぶ()いました。
「では、わたしたちは一年(いちねん)一度(いちど)だけ、()(こと)にします」
 こうして二人(ふたり)()(つき)()()に、天の川(あまのがわ)()約束(やくそく)をしたのです。
 それが、七月(しちがつ)七日(なのか)七夕(たなばた)です。

 天の川(あまのがわ)()ると、牽牛(けんぎゅう)織姫(おりひめ)(ほし)のそばには(ちい)さな(ほし)(ふた)()えますが、それは夫婦(ふうふ)げんかをした(とき)投げ合(なげあ)った、鼻輪(はなわ)とおさと()われています。http://www.ryedu.net/ry/riyuyuedu/201808/57182.html
  • 上一篇文章:

  • 下一篇文章: 没有了

  • 发表评论