您现在的位置: 外语爱好者网站 >> 日语 >> 留学日本 >> 正文

读书之秋的由来

作者:佚名    文章来源:本站原创    更新时间:2016-11-10

读书之秋的由来
読書の秋の由来は?読書週間が生まれた理由?秋のおすすめの本は?

  读书之秋的由来是什么?开展读书周的理由?秋季的推荐书目?

  秋には読書の秋という言葉もあります。過ごしやすい気候が木陰でのんびり読書を楽しむのに適しているのでしょうか?小中学校でも朝の読書週間として時間を設けるところもありますね。

  说到秋天,有一个叫“读书之秋”的词汇。宜人的气候不正是和在树荫下悠闲地享受读书的乐趣是很合适的吗?中小学也安排了专门作为晨读读书周的时间。

  ところでこうした言葉や行事はいつから始まったのでしょうか。今日は読書の秋に関わる言葉の由来を紹介します。

  那么,这个词汇或者说这个活动是从什么时候开始的呢?今天我们就介绍一下关于“读书之秋”的来历。

  読書の秋の由来は中国にありました。唐の時代の文人韓愈(かんゆ)が、秋の夜は過ごしやすいので灯りをつけて読書をするのに一番適した季節であるという意味の詩を残しているんです。

  读书之秋来源自中国。唐代文人韩愈,留存了一首感叹因秋夜宜人而最宜挑灯夜读的诗。

  朝や日中ではなく、元々は夜に読書を勧める言葉なんですね。秋の夜長とも言って夜の涼しい時間帯が増えてくる時期でもありますから、読書に限らず勉強などをするにも適しています。

  最初这并不是指早上或者白天,而是劝说人们在夜晚读书的话。因为秋天夜晚渐长同时晚上凉爽的时间也变长,所以不仅是读书,也非常适合学习之类的事情。

  秋の読書週間はどのようにして生まれたのか。

  秋天的读书周是怎么样开始的呢?

  その始まりは古く、1924年に日本図書館協会が図書週間を設定したことが始まりです。

  它是从很久之前的,1924年日本图书馆协会开设读书周这一活动开始的。

  1939年からは戦争の影響で行われなくなりましたが、終戦後の1947年に日本図書館協会と日本出版協会など他の出版関係者、団体が協力して読書週間実行委員会が結成し読書週間が開始されるようになったのです。

  1939年开始因为战争的影响没有举办,但是在战争结束后的1947年,日本图书馆协会协同日本出版协会等其他出版相关人员和团体,成立了读书周实行委员会,从此读书周就开始举办了。

  初回は11月17日から11月23日までの1週間でしたが、短いという意見を考慮し、2回目以降は現在のように10月27日から11月9日までの2週間にわたって行われています。

  第一次是在11月17日到11月23日这一周间举办的,但是因为考虑到有人提意见觉得时间太短暂了,从第二次开始到现在,都是从10月27日到11月9日这两周间举办的。

  読書の秋におすすめの本その1 「銀河英雄伝説」

  最初は田中芳樹著の「銀河英雄伝説」です。アニメや漫画、映画、演劇など様々なメディアミックスがされている作品なので、いずれかの媒体で知っている方も多いかもしれませんね。巻数が多いので読める時間が少ないと次が気になって仕事が手につかない可能性があるのでご注意を。秋の夜長にまとめて読むのがオススメです。

  读书之秋推荐书目其一 《银河英雄传说》

  最初是田中芳树所著的小说《银河英雄传说》。因为后来被改编成了动画、漫画、电影、戏剧等等各种各样的形式,通过某一个形式的媒介知道这本书的人也许也会有很多。因为卷数很多而能读书的时间很少,要注意有沉迷读书导致不专心工作的可能性。因此推荐在秋天的耿耿长夜中阅读。

  読書の秋におすすめの本その2 「三匹のおっさん」

  お次は有川浩著、「三匹のおっさん」。こちらもドラマ化されましたね。還暦を迎えた3人のおっさんたちが、悪ガキ時代から過ごしてきた生まれ故郷で自警団をつくります。果たして彼らはきちんと町の更生ができるのでしょうか?主人公たちが最も癖のある登場人物なので、タダの活劇では終わりませんよ。

  读书之秋推荐书目其二 《三大叔(又译,三匹欧吉桑)》

  第二本是有川浩的《三大叔》。这部作品也改编成了电视剧。讲述了即将迎来花甲之年的三个大叔,在他们曾经度过了混小子时期的家乡,组建了自发警卫团的故事。他们最后是否真的能让小镇重获新生呢?因为主人公是非常有个性的登场人物,所以这并不是普通的乱斗剧。

  読書の秋におすすめの本その3 「十角館の殺人」

  ミステリーなら綾辻行人著作、「十角館の殺人」がオススメです。孤島の一風変わった洋館に集められた登場人物たちですが、1人また1人と犠牲者が…。犯人が解った後でもう一度その人物の行動を振り返り、よみ直すのも面白い作品です。

  读书之秋推荐书目其三 《十角馆杀人预告》

  说到推理,就要推荐一下绫辻行人的著作《十角馆杀人预告》。在孤岛的一座奇怪的洋楼里,被聚集起来的登场人物们中间,一个又一个的牺牲者出现了……这是一部让人在得知犯人以后再反复阅读人物的活动也觉得很有趣的作品。

  読書の秋におすすめの本その4 「フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし」

  続いては絵本「フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし」です。普段ぼんやりしているフレデリックですが、仲間たちのピンチを救ったのも彼でした。絵本は子供向けになっていますが、テーマは大人も考えさせられる物が多いですね。原作者レオ·レオニ、並びに翻訳者谷川俊太郎の本もオススメ。

  读书之秋推荐书目其四 《田鼠阿佛》

  接下来推荐绘本《田鼠阿佛》。虽然阿佛平时悠悠闲闲的,但是他救了陷入困境的同伴。绘本的受众虽然是小孩子,但是这个主题也有许多让大人们思考的东西。原作者李欧·李奥尼和译者谷川俊太郎的书都鼎力推荐。

  読書の秋におすすめの本その5 「スティーブ·ジョブズ」

  最後に紹介するのは「スティーブ·ジョブズ」。コンピュータ関係に興味がある方、現在仕事に就いている方にオススメです。ジョブズがいかにしてアップル社を盛り上げていったのか、引退に至るまでの経緯や家族、友人、ライバルたちのインタビューなども掲載されていて読み応えは十分。実際の人物伝なのでリアリティも一番です。

  读书之秋推荐书目其五 《史蒂芬·乔布斯》。

  最后介绍的是《史蒂芬·乔布斯》。这本书推荐给对电脑有兴趣的人和现在已经工作了的人。本书提及了乔布斯是如何建设苹果公司、直到引退为止的经历,还登载了家人、朋友、对手等人的访谈,十分引人入胜。因为是真实的人物传记,所以现实感也非常耐人寻味。

  読書の秋 まとめ

  读书之秋 总结

  初版はかなり古い作品もありますが、未だに不動の人気を誇っているものも多いです。もし読んでみて良いなと思ったら、同名作家の他作品もぜひ手にとってみてください。

  推荐了很多有年头的作品,但它们大多至今都很有人气。如果读了觉得很好看的话,也可以来入手该作家的其他作品。

  最後の評伝以外は皆、他にもたくさんの著作のある方ばかりです。今秋は長期休暇が獲得できる可能性もあるので、普段読まないような長編作品にチャレンジするのも良いですね。

  除了最后的评传以外,其他推荐书目的作者都还有众多作品。今年秋天可能会有获得长假期的机会,挑战一下平日不会阅读的长篇作品也是个不错的选择。

没有相关文章

读书之秋的由来